水のトラブルの応急処置の方法

もし水のトラブルが起きたならば、被害が広がらないように応急処置をしておきます。業者が来るまでの間に自分達でできることをしておくと後で楽になります。具体的にどのような応急処置の方法があるのか紹介します。

■水を止める

もしも水漏れしているならば、水を止めることによって水が漏れ出てこなくなります。そのためには止水栓を締めるのが効果的ですが、止水栓の場所が分からない場合は元栓を締めましょう。場所によっては止水栓がないこともあるため注意が必要です。
水の流れを止めることができれば、それ以上水漏れすることがなくなるため、被害を抑えることができます。水漏れを放置してしまうと、周囲が水浸しになってしまい後始末が大変になります。

■タオルやバケツなどを使う

水漏れしている部分にはタオルを巻きつけることによって、水滴が落ちてくるのを防げます。あるいは、水滴が落ちてくるところにバケツを置いておくという対処法もあります。
床が濡れないようにしておけば、掃除をする必要がなくなります。床にビニールシートを敷いておいて水を受け止めることも可能です。タオルは水をたくさん吸ったら新しいものに交換しましょう。

■まとめ
水道 修理の業者が来てくれるまでの間に何もしないのではなく、水のトラブルの際には応急処置をしましょう。現場が濡れていると業者の作業員の方も仕事がしにくくなってしまいます。床が濡れてしまうと、集合住宅の場合は浸水してしまう恐れもあります。最悪の事態を避けるためにも応急処置は大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ